アメリカで日本人ができる仕事と、見つけ方とは?

*

日本とアメリカの違い、労働時間よりも仕事内容が重要

   

日本では最近では「ブラック会社」と呼ばれているような、大変な仕事に就いている方も多くなっていて、特に労働時間が長くて、毎日早出・残業をしたり、休日出勤をしたりするのは当たり前の会社もあるようです。

これはもちろん日本でも違法だったりもするのですが、なかなか社員もハッキリと断ることも出来ないこともあるでしょう。

ただし、アメリカの場合にはこういった不毛なことはほとんど無いと言っても良いでしょう。

もしこうした無理な拘束などがあれば、すぐに訴訟を起こしたり、そもそも労働組合がしっかりとしていて、このようなことが起こる心配が無かったりもするのです。

日本では、長時間仕事をすることが大切といったようなイメージがあるのかもしれませんが、アメリカの場合には働いた時間云々よりも、どれだけクオリティの高い仕事をすることが出来たかということが何よりも重要になってくるのです。

もちろん、いつまでに仕上げなくてはいけない期間は決まっているのですが、その期間内であれば時間的にはある程度自由だったりします。

また、上司は特に仕事をせずに部下を見張っているだけ…ということも決して少なくはない日本の会社の体制とは違って、アメリカの場合には上司は社員を信頼して仕事を任せているような役割を持っているので、上司と部下がとても良い関係で仕事をしている会社が多いのです。

何か不満などがあれば、心いくまで上司と話し合って解決していくことが一般的です。

 - 未分類

  関連記事

no image
知らないとNG!仕事で使う丁寧な英語の習得

日本語ではビジネスのシーンではもちろん丁寧な敬語を使うのが常識として誰もがご存知 …

no image
日本人が多い、日本人が好きなグアムでの仕事

グアムは、日本から飛行機でわずか3時間ほどで到着しますから、日本人観光客がとても …

hawaii
日本人に人気のハワイで仕事をしたい基本情報

お正月やお盆など、長期休暇のシーズンなどだったり、ビーチへ行く目的、ショッピング …

sangyou
アメリカの産業と日本との関わりについて

昔から日本とアメリカは産業面で密接な関わりがありました。 ですが、それも時代と共 …

visas
アメリカ滞在と仕事、「就労ビザ」の申請について

仕事をする目的でアメリカに滞在するのであれば、就労ビザが必要になります。この就労 …

sekai1
アメリカの経済産業における世界一とはなにか?

アメリカは2015年現在で、世界最大の経済大国です。現時点でアメリカの世界一の経 …

no image
大きな需要あり!アメリカでの会計の仕事

最近のアメリカでの就職・転職の中で求人が多い職種では、会計関係の仕事も多くなって …