アメリカで日本人ができる仕事と、見つけ方とは?

*

アメリカ滞在と仕事、「就労ビザ」の申請について

   

仕事をする目的でアメリカに滞在するのであれば、就労ビザが必要になります。この就労ビザは、自分一人だけで作れるものではないので、必ず仕事をする先の企業にサポートをしてもらう必要があるのです。

アメリカにはさまざまなビザの種類が存在し、実は就労ビザ(Hビザ)と呼ばれるものだけでも、さらにいくつかの種類に分かれているのです。

たとえば、研修生として働くのであればH-3ビザ、特殊技能職として働くのであればH-1Bビザなどです。

日本で就職をしている上で、アメリカにて駐在員として派遣されるケースであれば、日本の企業にすべて安心してビザの申請を任せることができるのですが、現地採用などの場合でしたら、きちんと自分でも申請方法をある程度確認しておくようにしましょう。

申請をする際の実際の手続きに関しては、専門的な知識や手順も必要となりますから、自分一人ではなく、ほとんどの場合移民弁護士と呼ばれる弁護士さんに依頼をしてサポートをしてもらうことになります。

この弁護士に依頼する際の費用に関しても、企業が負担をしてくれるのか、それとも自己負担になるのかということをチェックしておくようにしましょう。

就労ビザは、誰でも申請すればすぐに取得できるものではなく、きちんとその企業がビザの申請をするのに適している人かどうか、ということをチェックした上で手続きにとりかかることになります。

これは、実際に企業に採用が決まったあとの手続きになりますから、まずはしっかりと採用してもらえるように面接など力を入れて頑張っていきましょう。

 - 未分類

  関連記事

roudou
日本とアメリカの違い、労働時間よりも仕事内容が重要

日本では最近では「ブラック会社」と呼ばれているような、大変な仕事に就いている方も …

no image
日本人が多い、日本人が好きなグアムでの仕事

グアムは、日本から飛行機でわずか3時間ほどで到着しますから、日本人観光客がとても …

hawaii
日本人に人気のハワイで仕事をしたい基本情報

お正月やお盆など、長期休暇のシーズンなどだったり、ビーチへ行く目的、ショッピング …

sangyou
アメリカの産業と日本との関わりについて

昔から日本とアメリカは産業面で密接な関わりがありました。 ですが、それも時代と共 …

sekai1
アメリカの経済産業における世界一とはなにか?

アメリカは2015年現在で、世界最大の経済大国です。現時点でアメリカの世界一の経 …

no image
知らないとNG!仕事で使う丁寧な英語の習得

日本語ではビジネスのシーンではもちろん丁寧な敬語を使うのが常識として誰もがご存知 …

no image
大きな需要あり!アメリカでの会計の仕事

最近のアメリカでの就職・転職の中で求人が多い職種では、会計関係の仕事も多くなって …