アメリカで日本人ができる仕事と、見つけ方とは?

*

アメリカで日本人が出来る仕事と、見つけ方とは?

nakayosi
社会人的なバックグラウンドが一切無い日本人ではアメリカで仕事をしようと思ってもかなり難しいです。

外国と言わず日本でも数年間の正社員としての経験があればアメリカで出来る仕事も見つける事ができます。

ここでは様々な背景の人物別にアメリカで日本人が出来る仕事と、それを見つけるためのサイトを紹介していきます。

1.国内で社会人経験ありの日本人

まず英語力が問われます。数字で示せるTOEICを受けておくのもおすすめです。職種によってスコアでは測れない語学力が必要な場合もありますし、IT系では英語力不問の仕事も見られます。

1.1.アメリカに移住を考えている方

・友達がアメリカに居て住宅をシェアして貰える
・海外生活が魅力でどうしても移住したい
・将来的な自分のキャリアを考えた時にアメリカしか無い
・アメリカ人と仕事したい、実力を試したい

といった目的の方が多いですね。

アメリカの現地の企業から募集があります。

がしかし、ほとんどの企業から出てる募集は既に就労ビザを保有している現地人を対象としています。

その上、日本人を採用したい企業はあまりありません

sekai2

日本と取引があったり、日本人相手のビジネスを展開している企業では日本人採用の可能性があります。

現地企業よりも可能性が高いのは「日系企業」です。

これなら日本人を採用したい枠も多いですし、仕事を任せたいというケースも多いのです。

しかし基本はビザを持ってる方のほうが有利です。

いま日本に住んでいてアメリカで仕事を、と考えている方はまずは日系企業から出ている仕事で、ビザサポートOKの企業を探すのが手近な方法です。

また、そんな日本人のために仕事を紹介してくれるサービスも幾つかありますが1つピックアップしました。

1.1.1.パソナグローバル

psngl
現地採用に向けた日本人の海外支援を行っているサービスです。

仕事の紹介や企業との引き合わせ、レジュメや面接について支援してくれます。就労ビザ無しでも登録可能ですが、やはり保有者が有利です。

uaslove

1.2.アメリカに移住までは考えてない方

・アメリカでの仕事の経験を積み、未来に活かしたい
・アメリカに展開している日本企業で働いてみたい
・日本の会社のグローバル化を進めるような仕事をしたい
・駐在員としてのキャリアを形成したい、給料アップしたいし…

といった目的の方が多いですね。

日本人がアメリカで仕事をしたいとなれば、アメリカに展開している日本の会社に入るのも可能性があります。

nakama

日本の会社もグローバルに展開するのが当たり前となってきました。このような会社の7割は大手と呼ばれる企業から募集がかかります。

残り3割は中小企業で、地方の会社も含まれます。

なので国内で転職活動を行い、大手企業からのアメリカでの仕事募集を探していく事がスムーズに進めるポイントです。

特に日本の会社のグローバル化や、アメリカでの展開の新規立ち上げの仕事は魅力的で応募が集中し易いです。

仕事を紹介してくれるサービスを駆使して他の人よりスピーディに活動していきます。最もおすすめなサービスをピックアップすると、

1.2.1.リクルートエージェント

rcrtagnt
日本人のアメリカでの仕事のために一番力を入れているのがこちらのサービスでしょう。

グローバル系の仕事は募集が「非公開」になる事が多いです。

応募が殺到するのを防ぐためと、特定の知識や技能保有者をピンポイントで集めたいからです。

それをリクルートエージェントに依頼しているため、希望する方は登録しておいたほうが断然有利になります。
jplove

 

2.社会人経験が一切無い35歳未満の日本人

→米国にはワーキングホリデーという制度はありませんが、35歳未満であれば留学中のOPTという制度を活用して仕事をする事ができます。

条件もあり勉強した学課が活かせる仕事でなくてはいけません。短期間の働く事が可能なビザでOPTを利用する事ができます。期間終了後はビザの切り替えも可能性として残ります。

※20代前半ならまだしも30歳前後で今更留学を考える人は少ないでしょう。

→この他、インターンシップビザを使って研修制度でアメリカで仕事ができる制度もあります。1年中申請できるのでビザ支援をしてくれる団体に依頼して進めていきます。手数料等結構かかります。

2.2.未経験者にお勧めしたい、特に就労しやすい仕事は?

wakate
アメリカで日本人が就きやすい仕事と言うと一概には言えませんがやはり特定の知識・技能を持っている方です。

それから「日本人である」という特性を活かす仕事です。つまり日本語を使う業務、日本人らしいキメ細かい振る舞いが求められる業務、となります。

このような背景があるため「日系企業」に絞られてくる傾向になってしまいます。

特に次のような業界で仕事が見つかりやすいです。

飲食・観光・サービス業、IT系、メーカー、商社、日本語教師、業界を決めかねてる方や、特定の技能を持っていない場合はこれらからで検索してみると良いかもしれません。

2.2.1.WORK USA

アメリカでの仕事の斡旋を手引してくれる有力なサービスです。手数料かかりますが本気で考えているなら詳細を確認してみてください。

ikeike

 


 
以上、アメリカで日本人ができる仕事の種類を紹介してきました。それぞれ自分のケースに当てはめてサービスを活用して仕事への応募、書類、面接に進んでいきましょう。